「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

「五%の優秀な人間」の成功法則とは?

いつも、仕事ができる人、

いつも、レギュラーで活躍できる人、

そういう人っていますよね。

うらやましい限りです。

 

そういった優秀な人間というのは

全体の五%前後と言われているそうです。

No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)

 

では、

「五%の優秀な人間」と、

「九五%の優秀でない人間」の

違いはなんなのだろうか?

 

よく、比較される言葉

 

「才能」「努力」「ツキ」

 

近年この「才能」「努力」「ツキ」は、

脳にインプットされた「記憶データ」

に左右されていることがわかって

きたそうです。

 

ここで注意してほしいのは、脳の

出来・不出来ではない。

 

脳にインプットされたデータが

人間の優秀さを決定している

ということ。

 

昔は

「天才の脳にはたくさんのシワがある」

「脳細胞の数が多いと頭がいい」

などと言われていたが、

現在では、それらの説は否定されている

そうです。

 

こうしたことから考えても、

「優秀な人間」

「そうでない人間」

の差は、脳の構造や精度とは違う。

 

とすれば、問題は脳の中身。

 

つまり、

 

今まで生きてきた人生の中で

その人の脳に蓄えられてきた

「記憶データ」によって

大きな差が出てくるということ。

 

良い記憶データとは

成功データ、

成功体験などのこと。

 

それらの良い記憶データを

脳にインプットする、

脳を活かすことで、

 

自分の理想に近づける。

 

理想が現実になっていく。

 

いろいろな可能性が脳の使い方

によって変わるのです。

 

脳をうまく活かして

 

「できる自分」

「強気の自分」

「幸せな自分」

 

を目指そう!

 

www.sanri.co.jp

 

 

今日もありがとうございました。