「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

自分を大切にしていますか?

あなたは自分を大切にしていますか?

 

自分を大切にせず、人のためにと

行動していませんか?

 

自分を後回しにして、人のためにと

行動していませんか?

 

自分が犠牲になってでも、相手のためにと

行動していませんか?

 

自分の心、気持ちを大切にしないで

人のためを思って行動しても

うまくいかないと思うし、

続かないと考えています。

 

それは相手を満たしてあげたいと思う前に

自分自身の心が満たされていないと

思うからです。

 

順番が逆なのです。 

 

まずは「自分」の

心であったり

気持ちであったりが

満たされていること、

整っていることが

大切だと思うのです。

 

自分が何か不安があったり、

悩み事があるのに、

人のために行動しても良い結果

は望めません。

 

まず、自分を大切にしてほしい。

 

そして自分を大切にするということで

大事なのが、

 

「自分を責めない」ということ

 

(あー、また失敗した)

(また、やっちゃった)

(自分はだめだな)

(やっぱり、自分はだめだな)

(自分のせいだ)

 

ダメだ、ダメだ、ダメだ・・・

 

まず、これをやめます。

 

これは心が病んでいくきっかけ

となるからです

 

「自分を責めない」

 

「そして拗ねない」

 

たとえ失敗したとしてもまず

自分のことを責めない。

 

現実を把握して受け入れる。

 

それでもできているところや

できていたところ、少しでも良かった

ところを見つける。

 

その上で、今できることを見つける。

 

そしてまた行動してみる

再度トライする!

再度チャレンジする!

諦めない! 

 

決して自分を責めない!

 

自分自身を大切にする!

 

今日もありがとうございました。