「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

おもしろそう

自分が興味のあること

これおもしろそうだなと思うこと

これやってみたいと思ったことは

まずやってみよう!

 

やってみて、

なんかめんどくさい、

なんか思ったよりおもしろくない、

やっぱりやれない、

 

ならやめればいい。

 

でも、また何かおもしろそうなもの

見つけて興味が湧いたらやってみる

行動してみる。

体験してみる。

 

そうやって自分の感性が少しずつ

磨かれていき、

本当に好きなこと、やりたいことに

辿りつく。

 

見つけることができる。

 

そして、

その本当にやりたいこと、好きなことを

している時間は

 

「頑張っている」とは言わない。

「努力している」とは言わない。

「一生懸命だ」とは言わない。

 

もしこの言葉を自分で言っちゃってる人は

本当にやりたいこと、好きなことでは

ないのかもしれない。

 

 例えば(過去の私の例(^_^;))

 

自分は、歯をくいしばりながらも

「一生懸命」やっているんだ!

 

人の見ていないところでも私は

「努力」しているんだ!

 

こんなに「頑張っている」のに何でそこまで

言われなきゃいけないんだ!

 

みたいなセリフをいつも心の中で

言い続けていました。

 

それで、

いつも、結果がでない。

いつも、空回り。

いつも、そんな自分を責める。

 

でまた

「もっと一生懸命やらなきゃ!」

「もっと努力しなきゃ!」

「もっと頑張らなきゃ!」

 

でももう、なんか疲れた・・・

 

 

そんな時、心屋仁之助さんの本や

ブログに出会いました。

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと」だけして生きていく。

 

 

自分のやりたいこと、好きなこと

は何だろう。

興味の湧くこと、

おもしろそうなこと、

どんどんやってみよう!

行動してみよう!

体験してみよう!

 

きっと、見つかるから。

 

 

今日もありがとうございました。