「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

どうせ最後は勝つ!

私も気をつけたい口癖があります。

 

「どうせ ~ だから 」

 

という表現。

 

「どうせ自分は無理だから・・・」

「どうせ負けるから・・・」

「どうせ怒られるから・・・」

「どうせあきらめるから・・・」

「どうせ続かないから・・・」

「どうせお金ないし・・・」

 

で、

 

「やっぱり無理だった」

「やっぱり負けた」

「やっぱり怒られた」

「やっぱりできなかった」

「やっぱり続かなかった」

「やっぱりお金ない」 

 

につながる。

 

まるで自分に最初から暗示をかけている

みたいに。

 

だったら、ウソでも何でもいいから

自身にポジティブな暗示を!

 

「どうせできるし(笑)」

「どうせ最後は勝つ(笑)」

「どうせ怒られないし(笑)」

「どうせあきらめないし(笑)」

「どうせ長く続くし(笑)」

「どうせお金あるし(笑)」

 

たしかにこれを言ったからといって

現実になるとは限りませんが、

ネガティブなことで表現するよりは

ポジティブな表現で言う癖をつけたほう

がいい!

 

ポイントは

ウソでもいいから言うこと、

言い続けることで脳は記憶していきます。

勝手に言葉が出てくるくらい

(掛け算の九九がすらすらと口から

出てくるみたいに) になれば

潜在意識まで記憶されたと同じ!

 

常に前向きなため、行動が変わってくる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

 

何度試合しても勝てない相手に勝つこと

だって可能になる。

 

同じ相手に何度負けてもいい、

最後の大事な試合に勝てばいい!

 

「どうせ最後は勝つ!」

 

言葉の口癖は人生を左右するのだ。

 

今日もありがとうございました。