「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

表と裏はセットで受け入れる

表があれば裏が必ずついてくる。

ということは・・・

 

光りがあれば影が必ずついてくる。

 

成功があれば失敗がついてくる。

 

勝ちがあれば負けが必ずついてくる。

 

得があれば損が必ずついてくる。

 

すべては表裏一体ということ。

 

表裏一体とは・・・

表と裏は同体で切り離すことができない

関係にあること。

 

私もそうですが、いつでも得をして

いたいし、

勝負事は全部勝ちたいし、

いつも光り輝いていたいと思っています。

 

その考え方はそれはそれで良いのです。

良いのですが、

それと同じく、

得をしたら損することもあるということ

を受け入れること。

勝ち続けるということはいつかは負ける

日がくるということ。

輝き続けるために影も存在している

ということ。

 

光と影はセットで受け入れる。

 

勝と負をセットで受け入れる。

 

得と損はセットで受け入れる。

 

どちらも受け入れる「勇気」が

必要なんです。

 

輝き続けるには誰にも知らない影がある。

(苦労がある)

 

勝ち続けている裏にはどこにも負けない

練習量やアイデアがある。

 

いつも得しているように見えている人

でも同じくらいの損をしている。

 

ここで大事なのは

輝き続けている影の苦労を苦労と

思っていないということ。

 

勝ち続けるための練習量をこなすのも

体はきついと感じているけど

むしろそれを楽しんでいるということ。

 

得している人ほど、

損を損したと思っていないということ。

 

いずれも好きなことをしているから、

やりたいことをしているからこそ

受け入れることができる。

 

好きなこと、やりたいことの

ためなら、嫌だと思うことにも

チャレンジできる。

 

今日もありがとうございました。