「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

嫌な人には距離をおこう

一緒にいて、嫌だなと感じてしまう人

がいると思います。

家族でも親戚でも学校でも部活でも

少なからず、いると思うのです。

 

そんな時、無理をしてその人に

合わせようとしないで距離をとろう。 

 

みんながみんな気が合うということは

ないです。

一人一人考えていることや価値観が

違って当たり前なんです。

 

親子、兄弟、親戚ですら、合わない

人はいます。

距離をとるといっても

嫌いな態度をとったり、嫌な顔をしたり

するのではなくただ普通に嫌だから

距離をとるのです。

それでも声をかけられたり、逆に

用事があって話しかけたりすることも

あると思います。

それはそれで普通に接する。

 

「淡々と接する。」

 

淡々と・・・あっさりしているさま

      しつこさやこだわりがない

      冷静に事を進める様子

 

それでも顔や態度に出てしまうのは

仕方ないです(笑)

 

私も苦手な人がいます。

両親です。

同じ仕事をしているからというのも

ありますが、話かけられると嫌な

気持ち、感情が現われてきます。

職場ではいつも両親を警戒している

自分がいて話かけられるとつい壁を

作ってしまいます。

昔からいつも、説教っぽいことを

しつこく言われていたからかな・・・

だから極力、距離をおくようにしてます。

もちろん別々に暮らしています。

それでバランスを保っているのが現状です。

両親はどう思っているかわかりませんが

今はそのほうが気持ちが落ち着いています。

 

我慢しない、無理をしない、

何か嫌だと思う人なら距離をおこう。

 

今日もありがとうございました。