「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

体に良くない。頑張ること、我慢すること

幼い頃から、よく使っていたし、

言われてきた言葉。

「頑張ろう」「頑張れ」

「我慢しよう」「我慢しろ」

 

私はメンタルを学ぶようになってから

この言葉は極力意識して使わない

ように心がけています。

 

なぜなら、私自身この言葉を言われたり

励まされたりしても逆に気持ちが

落ちるからです。

 

「頑張れよ!」「頑張ろ!」と

言われなくても自分では今できることを

やっているのにこの言葉を言われると

かえって焦ったり、自信をなくしたり、

やる気がなくなったりしてしまいます。

 

なので、今は人に言うときは「頑張れ!」

ではなく

「応援してるよ」とか

「今できることやってこう」とか

言葉を変えて言っています。

 

また「我慢しよう」「我慢しろ」という

言葉はその時は効果があっても後々に

なって問題が起きる可能性があります。

 

その時の自分の気持ちや感情にフタを

したり、押し殺したりするわけですから

後々に爆発するからです。

 

そんな時は言いたいことを吐き出して

もらったり、じっくり聞いてあげたり

して、我慢を溜めさせないことです。

 

我慢をする姿は本来の自分では

ないのです。

 

普段から何気なく使っている言葉でも

相手にとってはかえってプレッシャー

になったり、やる気がなくなったり

するものです。

私自身も相手を勇気づけする仕事を

している以上は使う言葉に注意して

いきたいと思います。

 

今日もありがとうございました。