「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

自分の気持ちにウソをつくと・・・

今回、学ばせていただいた本。   

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

 

自分が相手のため、または仲間のために

すべきだと感じたことに背く行動を

自分への裏切りと呼ぶ。

 

自分の気持ちに反してウソの行動をする

ことにより、相手に嫌な気持ちを持ち

はじめ(相手を否定)

そして自分は正当化しようとしていく。

結果、自分の感情に背くことで周りの

世界や現実がゆがんで見えていく。

 

私にも実際に経験があります。

私も妻も仕事で疲れて帰宅している。

妻が洗濯をし、干そうとしたとき

私は一瞬「妻の手伝いを今するべきだ」

と感じましたが実際には手伝いません

でした。

そのことが数分たったあと、妙に気に

なり、自分を正当化しはじめていました。

「自分も毎日遅くまで仕事しているんだ」

「自分は疲れているんだ」

「いろいろ考えているのだ」と・・・

 

自分を正当化するから妻に対しても

嫌な感情が湧き起ってきました。

「何か怒っているかもな・・・

でも、そんなことで怒らなくてもいい

じゃないか・・・」

 

実際に妻に言われたわけでもないのに

自分で勝手に相手を否定して、自分は

正当化している。

 

結局は

 

すべては自分に原因があることに

気付かされたのです(笑)

 

毎日、すべてにおいて自分の気持ちに

ウソをつかないということはできない

かもしれませんが、できるだけ気を

つけてみたいと思っています。

 

チームスポーツでも対人関係は

いろいろあると思いますが

何か困ったり、悩んだりした時

相手ではなく自分の関わり方を変えて

みたら良いかもしれません。

 

心理学者 アルフレッド・アドラー

も言っています。

 

誰かが始めなければならない。

他の人が協力的ではないとしても、

それはあなたには関係ない。

私の助言はこうだ。

あなたが始めるべきだ。

他の人が協力的であるかどうかなど

考えることなく。

 

「誰かがやらなければと思ったら

まず自分がやる」

 

「グダグダ言わずにトットとやる!」

 

今日もありがとうございました。