「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

感動した!夏の高校野球青森県大会決勝戦

今年は第100回を記念する大会となった

全国高校野球選手権 青森県大会。

そんな記念すべき大会の決勝戦

昨日観戦してきました。

勝戦

5年ぶりの甲子園を目指す

弘前学院聖愛

2年ぶりの甲子園を目指す

八戸学院光星の 戦い。

ノーシードから勝ち上がった聖愛に対して

春の県大会優勝で前評判の高かった光星

との試合は光星が初回先制点をとり

そのあとも確実に加点していきます。

聖愛もソロホームランで1点を返しますが

光星のエースをなかなか打ち崩すことが

できず苦戦します。

一方的な試合展開になると思った8回の表

に聖愛はビックチャンスで3点を返します!

しかし聖愛の反撃もここまで。

6-4で光星が勝ち、優勝。

どちらのチームも監督をはじめ選手たち

スタンドで応援していた選手たち

みんな素晴らしかったです。

青森県高校野球が強くなったのは光星

青森山田といったチームがいたからだと

思います。昨日の聖愛も光星も一人一人

の技術や能力はあまり差を感じません

でした。

差があるとしたら、やはり県外から野球を

しにきているということかもしれません。

昨日の光星の中にも徳島県から来ている

選手もいました。

私が思うのは、県外から親元を離れて野球

をしにくるというのはその時点で自らの

退路を断っているわけです。

そうした思いで甲子園全国制覇を目指す。

チーム一人一人の思いが強い方が最後は

勝つのだと感じました。

光星の決勝戦でのヒットも決して綺麗な

ヒットとかではなく、選手の勝つことに

対する執念がボールに乗り移ったかの

ようなヒットが多かったように思います。

また、そういうヒットが得点に絡んでいた

と思います。

技術と体力は互角でも最後は勝ちに

こだわる執念のある選手が多いチームが

勝つ。

聖愛は地元の選手のみで甲子園全国制覇を

目標にしています。

私も同じ地元なので応援しています。

強い光星にどうしたら勝てるのか・・・

一人一人の執念、勝ちにこだわる意地で

あったり、信念であったりという思いは

どうしたら見つけ出せるのか日々考えて

みたいと思います。

 

今日もありがとうございました。