「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

本田圭祐選手の活躍の理由

ロシア・ワールドカップ日本代表の活躍が

スゴイですよね。

まだ、ポーランド戦が残っていますので

気が抜けませんが是非、チーム一丸と

なって日本のチーム力を証明してほしい!

サムライ日本らしく常に

「勝って兜の緒を締めよ」の気持ちで

ポーランド戦に挑んでほしいと思って

います。

 

日本代表のここまでの活躍は監督や

スタッフが素晴らしいのはもちろんのこと

ですが、なんといっても素晴らしいのが

チームの雰囲気の良さではないでしょうか!

その良さはテレビで観ていても伝わって

きます。

試合に出ている選手たちの真剣な眼差し

その彼らを外の視点から見守り続ける

試合に出ていない選手たち。

この関係がチーム力となって今回のような

劇的な勝利、同点劇という結果が生まれて

いると感じています。

そんな中でもベテランの本田圭祐選手の

関わり方が素晴らしいと思いました。

本人にしてみたら当たり前の行動かも

しれませんがそんな本田選手から学ぶべき

ことがあります。

それは試合に出ていない時の行動です。

ベンチからみんなを応援している姿をみて

感動しました。試合には出ていなくても

一緒に戦っている感じが伝わってきました。

確かに本来試合に出ていない人たちの方が

ゲームを俯瞰して見れるので声かけや

アドバイスは的確に伝えてあげられる

んですよね。

場所によってはベンチからだと声は届かない

かもしれませんが表情(笑顔)で安心

させたり、ジェスチャーを使って確認したり

することはできると思うのです。

実際にテレビで日本対セネガル戦を観戦

していた時に、先に日本が1点先制された後

ベンチにいる本田選手が映り

「落ち着け、落ち着け」とジェスチャー

していたのがとても印象的でした。

ベテランの本田選手がこうした行動をする

ことで試合に出ている人たちは安心すると

思うし、冷静になれると思いました。

本田選手のこうした行動は後半に試合に

出たときにわかります。

出てすぐ、チャンスがきて結果を出すことに

繋がりました。

この良い結果は前半の出ていないときから

まるで試合に出ているかのように一緒に

なって戦っていたからだと思うのです。

出ていない時間から試合に集中していたからこそ

いざ、試合に出たときにチャンスを活かせるのだ

と考えています。

 

今回の日本代表選手のように試合に出ていない

仲間も一緒になって戦うことができるというのは

チームの目標に対してみんなが共有できている

(コミュニケーションがとれている)

話し合えているということだと感じています。

監督、スタッフ、長谷部キャプテンが意識して

みんなで共有できる環境を作っているのでは

ないかと思っています。

 

そんなサムライ日本代表のサッカーを一日でも

長く観ていたいと思いますし

これからも応援しています(^-^)

 

今日もありがとうございました。