「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

自らのエラーで負けた中学時代

私は中学の野球部では補欠選手でした。

しかし最後の大会でレギュラー選手が

ケガのため試合に出れなくなってしまい

急遽、私が出場することとなったのです。

 

レギュラーの人は上手でしたので

レギュラーよりはチームとしての

戦力が落ちるわけです(^_^;

しかも本番の試合に出たことがなかった

ので不安でいっぱいでした。

 

当然チームの目標は優勝でしたので

負けられません。

この時の気持ちとしては

「ミスをしてはいけない」

「自分のミスで負けることだけは避けたい」

「とにかくみんなの足を引っ張らない」

こういうことばかり考えていました。

 

大会がはじまり最初の試合、不安は

ありましたが、ミスをしてはいけない

というプレッシャーよりは「無心」の

状態だったと思います。

試合は勝つことができ正直ホッとした

のを覚えています。

そして次の試合、ほぼ互角の試合展開

で同点のまま終盤に入った時、

満塁のピンチを迎えました。

この時の僕の気持ちは

「来るな!来るな!」

「こっちに飛んでくるな!」

と思っていました。

この時のシーンは今でもハッキリ覚えて

います。

でもあるあるの話でもありますが

「来るな!来るな!」と思っている

所に球が飛んでいくというのは

ほんとにあるんだなと思います。

実際にはトンネルをしてのエラー。

結果的にこのエラーで負けてしまい

ました。

試合後から数日間は

「みんなに申し訳ない」

「自分のせいで負けた」

「みんなの目標を自分が潰した」

など、自分を責めて責めて

かなり自己否定していました。

 

今思い出しても悔しいし、消えない

過去として残っています。

でもこの時の経験があったからこそ

今に活かせているのです。

スポーツメンタルコーチとして。

 

今の私がもし、当時の僕に出会えていたら

試合前にこんな声かけをしたと思います。

「このチャンス自分のためにプレーして!」

「自分のためにプレーすることが結果的に

チームのためにもなるから!」

「できるよ!」「大丈夫!」

「すべて自分のところに球が飛んでくると

思って集中してプレーするんだ」

何があっても「自己否定」はしないで!と。

 

自身が経験してきたことだからこそ

の勇気づけだと思っています。

 

今日もありがとうございました。