「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

イメージトレーニング 3

イメージトレーニングは、まずはじめに
自分が習得したい技術、良いプレー、目標
を潜在意識の記憶データ(脳)に言葉を
添えて何度も繰り返し記憶させて
おとしこんでいきます。
※ 言葉を添えるとさらに記憶しやすい。

自分が習得したい技術、良いプレーとは
自分が憧れている選手の映像、YouTube
の動画などです。
私の場合、元阪神タイガース新庄選手の
ホームランを打っている映像を繰り返し
みて素振りをしていました。

この時の言葉は「常にフルスイング」
でした。
当時 私は当てにいくだけでフルスイング
ができていなかったので打球が弱く
飛距離も出ていなかったというのが
理由です。

また、苦手なところを克服するのにも
いいと思います。
この場合も同じでうまくできている人や
映像をみて、脳に記憶していきます。
そして記憶させる時のポイントは
できるだけ頭で考えないで、ただボーッと
みるということです。
良いイメージを脳に焼き付けます。
頭で考えて理解しようとしたりすると
かえって体がうまく動けなくなります。
「インナーゲーム理論」です。
頭で理解しようとして体を動かすと
逆にパフォーマンスが下がる。
このインナーゲーム理論は私が野球部
だった頃に知りたかった(^_^;

次回は実際の経験談も交えて説明
したいと思います。

今日もありがとうございました。