「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

イメージトレーニング

私は小・中・高と野球をしていた頃

イメージトレーニングに近いことをしながら

練習をしていました。

小学校の頃はファミリーコンピューター

というのがとても流行っていまして中でも

ファミスタファミリースタジアム)という

野球ゲームがあったのですがピッチャーや

バッターの動作が今のゲームのリアルな動き

と違ってもっと単純だったんですね。

そのファミスタのバッターの動きを頭の中で

イメージしながら素振りをしていました。

 

当時の小学校はピッチャーの球種が

ストレートだけでしたので新人戦の時は

ヒットを打ちまくることができました。

また高校の時は、自分の好きなプロ野球選手

のバッティングフォームを何人も参考に

させていただきました。

真似をすることで独創を生み出そうと

していたんですね(^^)

真似した選手は数知れず、当時の巨人篠塚

選手、同じく巨人大久保選手、阪神新庄

選手などなど・・・

最後は新庄選手のバッティングフォームを

何度もビデオでみて真似して素振りをして

いました。 

新庄選手は見ている方が気持ちよくなる

くらいのフルスイングに魅力を感じて真似を

していましたが・・・

周りのチームメートからすると変なフォーム

で笑われてました(^_^;

地元のTV朝日放送「めざせ!甲子園」の

コメントで「サムライのようなバッティング」

と書かれていて恥ずかった思い出があります。

でも新庄選手の真似をするようになってから

思い切りスイングができるようになって

今まで安打しか打てなかったのが

二塁打三塁打が増えて、オマケに

ホームランも打てるくらいに

なれたんですo(^-^)o

新庄選手には本当に感謝です(^o^)

 

自分の中でのイメージと体の表現との

つながりはとても大事だなぁと今でも

思います。

「真似から独創が生まれる」

こうなりたいというイメージを潜在意識

に浸透させて自分のものにする。

技術向上、今よりも更にレベルアップをする

ならイメージトレーニングが最適です(^^)/