「体・心・技」

日々の健康は「足から」を考える。「言葉」で勇気づけしていく。

足のはなし

私はスポーツメンタルコーチの他に足のリフレクソロジストでもあります。

なので少し足のはなしをしたいと思います。

足は「第二の心臓」と言われています。

心臓は血液によって酸素・栄養を体全身に

送り出しています。

そして足は歩いたり、運動したりすることで

不必要となった二酸化炭素・老廃物を血液に

よって送り返す働きをしています。

(老廃物は尿として処理されます)

しかし地球の重力、運動不足、靴の習慣など

によって足に老廃物が溜まり、血液の循環が

悪くなることで様々な病気や症状を

引き起こす原因となっています。

そのために毎日の足もみを通して、血流の

促進、老廃物の除去をしていく必要が

あるのです。

未だに現役で活躍しているイチロー選手も

TV「プロフェッショナル」で

足裏マッサージの機械を遠征先まで

持ち歩いているんです。

TVでは「足裏マッサージをすることで

足の裏から疲れが抜けていく感じがする」

と言っています。

 

この毎日のケアが今の年齢になっても

大きいケガもなく活躍し続ける理由の

一つではないだろうかと考えています。

 

今日もありがとうございました。

イチロー選手が使っている器械と同じ会社で有名になりました。